04日 12月 2019
扁平足、足底筋膜炎、外反母趾など足の様々なトラブルの原因は人間が靴を履き始めてから土踏まずに刺激を与えることが無くなり、歩く際には5本の足指をあんまり使わなくなってきて、土踏まずのアーチ周りの筋力が低下し、結果としてアーチが崩れてしまったことなのです。...
04日 12月 2019
1.足底筋膜炎とは?...
04日 12月 2019
足の裏が痛い理由としては様々な理由がありますが、基本的には筋肉が弱くなってる足に負担がかかり過ぎて足裏にある土踏まずのアーチが下がることで足裏の筋肉が引っ張られて痛みが生じます。...
04日 12月 2019
他のインソールは足裏を支える機能やクッション性を追求する作りとなっておりますが、ベアフットサイエンスは足のアーチを支えるだけではなく、土踏まずを運動させ、アーチ周りの筋肉を鍛えるインソールなのです。...
03日 12月 2019
①家に戻ったら靴下を脱ぎましょう。 夜遅く、一日中靴と靴下の中に閉じ込めていた足は、血液の循環が良くなかった状態です。素足の状態では、足裏の感覚器官が刺激され、血液の循環がさらによくなるそうですよ。 ②足の親指の引き。 両親指の間に厚いゴムバンドを巻いて互いに反対側に向かって精一杯引き出します。...
03日 12月 2019
人間の足には土踏まずがありますが、生まれたばかりの赤ちゃんにはありません。ですが、成長と共に土踏まずが形成されていきます。土踏まずが凹んでいる事は足の骨がアーチの形をとっているからです。このアーチの形があるからこそ我々は立ったり、歩いたり、走ったりすることが出来るのです。人間以外の動物は足にアーチが無い為、人間のような行動ができないのです。時々、猿やクマが歩くことを目にしますが人間のような歩きは出来ません。 体を支えるアーチは健康な人も一日中の立ち仕事やたくさん歩く事で夕方くらいになるとアーチが下がっていき、一晩、休息を取ることによって次の朝には元のアーチの形を取り戻します。但し、運動不足や体重、合わない靴など、様々な理由で足の筋肉が衰えてくるとアーチが崩れている状態から元に戻らないので、後天性偏平足や足底筋膜炎など様々なトラブルが足や体に生じてきますので、足のアーチを鍛えて健康な足や体を保ちましょう。
03日 12月 2019
体を支える足のアーチに良いインソール(中敷き)はどんな形が良いのでしょうか?...
03日 12月 2019
アメリカやヨーロッパから研究された矯正具・支持具を使って足や体の関節と筋力を回復する技術や構造医学の学問の事です。足底板治療、足底板療法もオルソティックインソール(中敷き)と同じように足の骨(アーチ)から矯正し、体全体のバランスを取り戻す方法です。 足裏の土踏まずにあるアーチは全身を支える土台です。...
03日 12月 2019
足の裏には大きく3つのアーチがあります。 その内、足の前方にあるアーチが横アーチです。...
03日 12月 2019
足の爪が丸くなる巻き爪や皮膚に食い込む陥入爪(かんにゅうそう)改善方法を知る前に何故、足の爪が食い込むのか、その理由を知る必要があります。爪の変形で多いのが巻き爪、陥入爪があります。...

さらに表示する